メイク

肌の色ムラを整えよう

メイクに大切なのは、メイク下地とも言われています。
メイク下地によって、メイクの仕上げが決まるとも言えるでしょう。

メイク下地で重要なのは、素肌の色調整をする事です。
クマやくすみ、シミ等、肌には自分の想像以上に色ムラが存在しています。

肌全体が黒みを帯びていると、残念ながら老けた印象になってしまいます。
肌の色ムラを整えて、且つ明るい感じに作り上げると、透明感のある肌に見せる事が出来ます。

コンシーラーやBBクリーム、CCクリームなどを使い、肌のベースカラーを綺麗にしましょう。
この工程をするとしないとでは、メイクの仕上がりに断然差が出ていきます。


コントロールカラーを使ってみよう

コントロールカラーは、メイク下地にカラーが付いたものです。
カラーは、その目的別の肌の色ムラ悩みの色修正をしてくれます。
より、素肌を綺麗に見せてくれます。

グリーン系は赤みを隠し、イエロー系は紫系の肌くすみを消し、パープル系は黄色系の肌くすみを消します。
ピンク系は、血色補充の役割を担い、肌をすっきり爽やかに演出してくれます。

カラーとしては、使いやすいのがイエロー系とピンク系と言われています。
肌に近いカラーで且つ暖色系なので、メイクから長時間経過しても白浮きする事が無いので、大変使いやすいカラーといえます。

目の周りの疲れ系の色合いを調整しよう

年齢肌の独特な見た目は、目の周りの色合いの悪さ。
血色が良くなく、どんよりした色合いになっている事が多く、疲れ切っているような残念な色合いになっています。

目は、他人が見るパーツなので、その周りはよく見られている証拠。
疲れ切ったような色合いをしていると、老けこんで見えてしまいます。

特に目の下の発色の良くなさは、年齢肌に多い状態です。
目の下のクマ部分にコントロールカラーを塗るだけで、目の印象がガラっと変わります。
より自然にカバーする為に、指先で優しくトントンと乗せてあげましょう。
目の周りの皮膚は、非常に薄くデリケートなので、強く抑えたりこすったりせず、優しくトントンと馴染ませてあげましょう。